タミフル飲んで完全復活

インフル患者の数と流行状況やタミフル

毎年、日本ではネットや新聞、テレビのニュースでインフルエンザの患者数や流行状況を報告しています。それは日本では感染者が毎年多く、インフルエンザの感染を甘く見て命を落とす人が多いために、警鐘を鳴らす意味で報道されています。こうしたニュースを見ることで、感染対策を講じたり、警戒することが可能になります。インフルエンザの感染患者は11月ころから顕著に表れてきます。寒さが深まるとともに次第に感染者数が増える傾向にあります。それは寒さが厳しくなるにつれ、空気の乾燥が激しくなりそのことでインフルエンザウイルスの活動が活発になり、人の肺に侵入しやすくなるためです。このように感染者数と流行状況が発表されるころから感染対策を講じるのは、実は遅いぐらいであると言えます。感染対策として有効でありインフルエンザの予防接種は流行が見られる9月ころから接種するのが望ましいと言えます。しかしインフルエンザの予防接種は、持病がある人などは副作用が懸念され接種することができません。こうした場合にはインフルエンザの治療薬であるタミフルやリレンザを用いて感染予防対策を講じることが大事です。またインフルエンザ対策には湿度の管理も非常に大事になります。冬は湿度が50パーセント以下になりやすく、湿度が低下すると非常にインフルエンザウイルスが活発に活動することになります。そのため11月頃から加湿器を用いて、湿度を50パーセントに維持することが大事です。しかし加湿器がない場合は室内に濡れタオルを干すことでも代用できます。また食生活や睡眠なども改善し見直すことが大事です。食生活を栄養バランスよくすると体の免疫力が高まって感染しにくくなります。