タミフル飲んで完全復活

インフルエンザ対策に乳酸菌、登校制限とタミフル

冬になると多くの人々が体調を崩すようになります。それは外気温が非常に低くなり、それに伴って体温の低下が見られたり、血行が悪くなるためです。このような状態になると体の免疫力や抵抗力が低下し、風邪を引きやすくなったり、様々な感染症のリスクが高くなります。冬は空気が乾燥しがちで、インフルエンザウイルスの活動が活発になり、感染の確率も非常に高くなります。感染してしまうと高熱が出て、関節痛や激しい嘔吐や下痢に悩まされるようになり、登校が制限されたり会社を欠勤しなければならなくなります。そのため特に冬の時期には免疫力を高めるように対策を講じなければいけません。その一つとして食生活の見直しは必要不可欠と言えます。緑黄色野菜の食物繊維や乳製品や発酵食品で乳酸菌を積極的に摂取することで腸内環境を整え、善玉菌を増やし、免疫力を高めることができます。また睡眠をしっかりとりストレスを解消し、常に笑顔を心がけることでも免疫力をアップさせることもできます。またインフルエンザウイルスの特性をしっかり把握することでもインフルエンザの感染対策にすることもできます。インフルエンザのウイルスは、乾燥した空気で活発に活動し、湿度が高いと活動が鈍る特性があります。そのため冬場は特に室内の加湿を心がけることが大事です。室内の湿度を50パーセントにすることで感染の拡大を抑制することができます。またマスクなどをつけることでも、喉や鼻を潤し感染しにくいようにすることができます。しかし感染してしまったら、自然治癒はまず不可能であり、放置するとさらに症状が重症になってしまいます。そのため一刻も早く医療機関を訪れて専門治療薬のタミフルを処方してもらうことが大事です。