タミフル飲んで完全復活

インフルの出勤停止とタミフルをドライシロップ化

インフルエンザ感染は他の感染症よりも恐ろしいと言われています。それは突如として40度近くの高熱にうなされることになるためです。高熱になると全身の関節痛が見られるようになります。またインフルエンザに感染すると、咳や鼻水の分泌も甚だしく、また下痢や嘔吐も見られ、日常生活がままならなくなります。また高齢者や子供がインフルエンザにかかると重症化しやすいと言われています。時には肺炎や脳症を併発し、命が危険にさらされることもあります。そのため高熱が見られたり、喉の違和感などを感じたらインフルエンザの感染を疑って早めに医療機関を訪れることが大事です。医療機関では患者の鼻の粘膜を採取してインフルエンザの感染の真偽を確かめます。インフルエンザに感染していたら、医師は泉温の治療薬タミフルを処方してくれます。タミフルを飲むと次第に肺でのウイルスの増殖を食い止め様々な症状を緩和してくれます。しかしタミフルは錠剤の粒が大きく、子供や高齢者は飲み込みにくい傾向にあります。こうした場合には処方箋課でタミフルをドライシロップ化してもらうと良いでしょう。ドライシロップ化とは薬を顆粒にし、甘みをつけた状態を指します。水に溶かして飲むことができ、甘みもあるので子供もスムーズに薬を服用することができます。またインフルエンザになると医師から出勤停止の命令が下されます。これはインフルエンザが飛沫感染や接触感染によって感染が拡大してしまうからです。勿論子供の場合も、登校停止の命令が下されます。期間は5日から一週間程度です。面会制限などが下されると晴れて出勤や登校ができるようになります。自宅療養中は脱水症状にならないためにこまめに水分補給が必須です。