タミフル飲んで完全復活

タミフルで異常行動はやっぱり怖いけど実際問題ない

インフルエンザが流行する時期になると、一度は目にするタミフル内服による異常行動の報道です。
少し前にも大問題となり、大きく取り上げられたことも記憶に新しいでしょう。
では、タミフルの薬のせいで異常行動が起こるのか。答えはノーです。
因果関係はないと、はっきり証明されています。
ですが実際、タミフルを内服してから、幻覚を見て居るような行動をとる・うわごとを言う・突然起き上がったり動き回ったりする・ずっとうなっているなど、異常行動を挙げればきりがありませんが、大なり小なりの異常行動があるのは事実です。
ですがそれはタミフルが原因なのではなく、高熱による症状の一つです。
タミフルが処方される、すなわちインフルエンザに感染している、ということですね。
インフルエンザは個人差があるものの、38度以上の高熱が出る病気です。
突然高熱が出るため、時には熱性けいれんを起こしてしまったり、前述のような異常行動が見られることがあります。
普通の風邪とは違い、インフルエンザに感染した場合にはいつもよりも高い高熱が長く続くため、異常行動が起きてしまう要因が強いと考えられています。
タミフルが怖いと内服をためらってしまうと、逆にインフルエンザ脳症など重大な病気を併発してしまうことがあります。
インフルエンザ脳症は、発熱から48時間以内に起こりうる、非常に死亡率の高い合併症です。
それを防ぐためには、早期の治療・内服が重要です。
医師からタミフルを処方されてもためらわず、内服することでリスクを減らすことができます。
異常行動が起きた時には、不安になるでしょうが落ち着いて行動を見守りましょう。
階段に歩いて行って落ちないか、動き回って転ぶことはないか、見守るだけで十分です。
時間が経てば落ち着きます。
極度にタミフルを怖がり敬遠せず、大事な治療として内服することが大切です。

異常行動が心配ならタミフル服用の際は誰かと一緒に

インフルエンザに感染すると風邪よりも重い症状が出るため、注意が必要になります。いきなり高熱が出て全身が重苦しくなるほか、高齢者は肺炎を、乳幼児はインフルエンザ脳症や脳炎、気管支炎、中耳炎などを引き起こすこともあります。
そのためインフルエンザに感染した場合、早めにウイルスの増殖を止めることが必要になります。
インフルエンザウイルスの増殖を抑えるには、タミフルやイナビル、リレンザ、ラピアクタなどの薬を使用します。
タミフルやリレンザなどは抗インフルエンザ薬と呼ばれ、発症してから48時間以内に服用を開始すると、増殖を効率よく抑えることができ、症状を早い段階で回復させることができます。
比較的安全な薬ではありますが、タミフルを服用した場合リレンザに比べ異常行動を起こす頻度が若干高くなっています。そのため10代の未成年者は、原則としてタミフルは使用しません。そういった際にはリレンザが処方されます。
リレンザは吸入薬という特徴から避けられがちですが、リレンザを正しく使うことが出来れば即効性のあるよい薬です。
異常行動は、奇声を発する、高いところから飛び降りる、いきなり走り出す、意味不明な事を口走るなどといったことが起こります。タミフルを服用したから起こるわけでもなく、タミフル以外でも異常行動が見られるためインフルエンザに感染したことにより、脳症や脳炎をひきおこされた可能性もあります。
また、年齢も10代に多いとされていますが、他の年齢でも起こっています。
異常行動はタミフルを服用して24時間以内に起こることが多いです。
そのため、抗インフルエンザ薬を使用した場合は、熱が下がるまでか発症してから2日程度は目を離さないようにすることが大切です。
無意識で様々な行動をしてしまうため、心配なようであればタミフルを服用していることを誰かに伝え、一緒にいてもらうようにします。

タミフルを大人が服用する場合の正しい用法用量とは?

インフルエンザ潜伏期間は特に気をつけることが重要ですが、タミフルがあればインフルエンザの予防と治療に役立ち、病院で最も多く処方されている薬です。
この薬は予防のために使うか、治療のために使うかで、用法用量が変わります。
更に、大人と子どもで使い方が異なります。
大人でインフルエンザを予防したい場合、薬は1日1回になります。
服用する期間は、子どもは10日間に対し、大人は7日から10日になります。
もちろん、服用を継続しなければ効果は出ません。
薬は決められた日数を飲み切ることで効果を発揮します。
毎日時間を忘れずに飲むようにしましょう。
薬を飲み忘れないために、処方箋通り服用し、服用時間を必ずメモに残してわかるところに置いておきましょう。
もし、飲み忘れてしまったら、急いで1回分を服用してください。
2回分飲んでしまうと体に負担がかかってしまいます。
次の服用時間まで4時間ぐらいであれば、1回分だけ飲んで、次の服用分は休むようにしましょう。
治療目的で服用するときは、1日2回飲みます。
服用する期間は5日で、3日目までには熱が下がり始めます。
ただし、熱は下がってもウイルスはまだ潜伏しています。
再発症の可能性があるので、処方分を飲みきるまで安静にしていましょう。
治療の場合、1日2回で、12時間ごとに服用します。
このときも飲み忘れたら、すぐに服用しましょう。
同様に、次の服用まで時間がなかったら休んで、その次の時間に1回だけ飲むようにしましょう。
予防と治療、どちらも連続で服用しないことが大切です。
早く治すために、記入されている用量以上飲んでしまうと、効果が強すぎて副作用の発生確率が高まります。
何事もやり過ぎると危険なので、多量に飲まないようにしましょう。
そして、薬は水かぬるま湯で飲むようにしてください。
水ではない飲み物と一緒に飲んでしまうと、副作用が出る恐れがあるので気を付けましょう。